-5pipsで損切りできる理由 メンタル編

 

さて今日はある方から頂いた質問にお答えしたいと思います。

この質問の内容は8月23日のトレードに対しての質問です。


この日のわたしは、3回連続損切になり トータル-30p になりましたのでトレードを終了した日です。

 

では質問の内容です。

Q.

今日教えていただきたいのはルールの徹底についてです。

実は昨日(8/23)やってしまったんです。

ゆみちゃんが損切30pで終了されたポイントで、私はLCできずに持ち続けてしまったんです。
合計4回エントリーしました。
はじめの2回は-5、-7でしたが、1.4450を抜けたときはまさか、と思い損切できず、1.4460でナンピンしてしまい、後は上がったのをぼーと見てしまいました。

頭では一方で「こんな爆上げすぐに下がるに決まってる。絶対下がるから持ってればいい」

もう一方では「もしこれで本当に下がって勝ったら間違った成功体験をしたことになる。いつか大相場でLCできず退場しかねない。すぐ切れ」

のふたつがぶつかって混乱し非常にいやな時間をすごしました。

裏切られたような気持ちと、相場に対して怒りを感じていました。

実は10日前の8/15、同じような状況で同じようにLCできず、トータル400p以上の損失を出し、「もう二度とにぎらない、根拠がなくなったと思ったらすぐ切る」と誓い、何度も紙に書いて身に染み込ませたつもりがこのざまでした。

結局2口で50p勝ったところで手仕舞いしたんですが、少し嬉しくなく、逆に自己嫌悪に落ちいってます。

正直なところ、とにかく勝ちたかったんだと思います。

勝ちをあせるというより、勝ちに飢えていました。

勝率も低く30%程度でコツコツドカンドカンといった感じです。

ゆみちゃんを見ていると1000p以上勝っているという余裕が、勝ちを減らしたくない、貯金を減らしたくない気持ちできちんと損切ができておられるようにも見えたんですが違うのでしょうか?

私の場合はマイナススタートで貯金の無いところからのルール徹底が非常につらく感じます。

ゆみちゃんはFXをはじめたころから勝ち癖がつくまえからきちんとルール通り損切ができてましたか?

もし出来ていたなら、そのときのメンタルの持ち方を教えていただけないでしょうか。
たぶんゆみちゃんは、はじめに損切がきちんと出来ておられたから今トータルで勝ち続けておられるとおもいます。

 

という内容です。

 

A.

たぶんこの方のように損切(出来ずに(せずに)持ち続けて痛い思いをしたり、逆に戻してラッキーと思ったりした人は多いと思います。

 

でもそんな考えでは駄目ですよ!!

結果戻したのはあくまで運ですよね?

戻さないことも当然あります。

損切りしないトレードをしているといつか大負けをします。

仮に今まで勝てていたとしても、その全ての利益を一回の強制LC(ロスカット)で飛ばす事だってあります。

 

まず考えていただきたいのが、皆さんは何を目標にFXされていますか?


1回の勝負で勝つ為のFXをしていますか?

今日勝つ為のFXをしていますか?

1ヶ月で勝つ為のFXしていますか?

トータルで勝ち続ける為のFXしていますか?

 

1回の勝負で勝つ為のFXであれば、損切りすると負けが確定してしまいますので損切は出来ないですよね?

皆さんが目指しているのが1回の勝負だけならば、損切しないトレードをすれば良いと思います。

でも違いますよね?

誰もがトータルで勝つためのFXを目指していると思います。

でも現実は目先の事しか考えずにトレードしてる方がたくさん居られます。

 

またまた野球に例えますが・・・

野球って今日の試合に勝つ事だけを目標にしてプレイしてるのですか?

野球って今日の試合に勝つ為の事だけを考えて戦略を立ててますか?


違いますよね。

 

確かに積み重ねなので1試合1試合は大切です。

でも目標は1年のペナントレースで優勝する事ですよね?

監督はその目標を掲げて選手の調整をしたりメンバーを考えたりして戦略を立てますよね。

1試合に全力出しすぎて体壊しても駄目ですよね?

それに全試合で勝つことなんて不可能ですよね?

負ける試合もある事を理解して、1年を通じて最後に優勝出来る事を目標にしているのではないでしょうか?

野球の戦略として、絶対に今日は負けると確定したら主力選手を交代させて体力を温存させたりされる事があるらしいですね。

つまり負けを認めて、それをいかにプラスに考えられるかと言う事も重要なんです。

今日の試合で負けても戦略通り1年を通じてプレー出来ればペナントレースで優勝できるんですよね。

 

FXでも同じですよね。

エントリーして違うと判断したら負けを認めて損切りする。

これが一番大切なんです。

ルールを徹底しての損切りで有るなら、わたしは逆にプラスだと思っています。

だってもしかしたら-500pとかなっていたかもしれませんからね。

でも、「こんな爆上げすぐに下がるに決まってる。絶対下がるから持ってればいい」

とかっていうプラス思考やタラ・レバは駄目ですよね。

今回みたいに戻してプラスになる事はあります。

でも1%でも戻さない確率が有ると言う事だけは頭に入れとかなければいけませんよね。

その1%で今まで積み重ねた利益はなくなりはしませんか?


例えば10年間損切りせずに勝ち続けたとしましょう。

しかし11年目にとうとう戻しませんでした。

枚数も増えてますので強制ロスカットで資産の半分を失ってしまいました。

10年間かけて積み上げてきた利益も、たった1回のトレードで崩れ去る事は考えられますし、現実に体験してる方も多いです。

つまり1%でもそのような事が起こりうる事が有る以上、損切りしないトレードが博打であると言う事なんです。

 

FXは博打では有りませんし博打では勝ち続けることは不可能です。

ルールと手法を徹底すれば負けにくくする事は可能です。

負けにくくなれば自然と損小利大で勝てるようになります。

 

私は今までの記事や-5pipで損切りできる理由シリーズの記事でも何度も損切りの大切さについて言ってきています。

しかしそれでも損切り出来ない人や損切りしない人は沢山いると思います。

 

なぜか?

今回のケースのように、損切りしなくても戻して利益になったからです。

 

でも今一度考えてください。

先ほども言いましたが、

1回の勝負でFXしてるのですか?

それともトータルで勝ち続けたいと思っているのですか?

トータルで勝ち続けたいと思っているのであれば、根拠有る損切りが徹底できるように努力した方が良いと思います。

頭では分かってるけどなかなか出来ない人も多いと思いますが、それは考え方を変えるしかありません。

損切りしない事のデメリットをよく理解して自分で気づく事が必要です。

 

わたしもFXを始めた頃は損切りを一切していませんでした。

運よく戻して勝って調子に乗っていましたね。

ナンピンもしていました。

運よく勝って調子に乗りましたが、運だけでは長くは続かないですよね?

損切りせずナンピンナンピンで強制ロスカットです。

 

この時は資金管理が出来てなかったからと思い込んで再度挑戦しましたが、どんどん増える含み損にメンタルは崩壊しました。

強制ロスカットにならなくても戻すかどうかも不安になるし、新規ポジも取れないし、切ろうにも切れない状態でした。

ただただ戻す事を願いチャートを見るだけの日々が当分続きました。

こんな事してたら無駄な時間を過ごすだけですし、プラスになるかどうかも分からないしはっきり言って時間と体力とお金の無駄ということに気づきました

 

それにこういう精神状態だとチャラになったり少しのマイナスで抑えられると、あたかも勝ったと同じ事のように錯覚してしまうんですよね。

 

1ヶ月粘ってもどしてチャラになって喜んでいたら、何の為にFXしてるか分からないですよね。

時間効率がものすごく悪いですよね。

兼業ならまだ良いですが、専業の方や専業になろうと思っているのであれば最低限の生活費を稼がなければなりませんよね。

なので時間効率を考えてトレードしないといけません。

 

それに気づいてからは損切りを徹底しましたが、再度問題発生なんです。

 

俗に言う、損切り貧乏ですね。

 

結局損切りが出来る事自体は、ただFXのスタート地点に立っただけなんです。

根拠有るエントリーと根拠ある損切りが出来なければ、結局は勝てないんですよね。

まあ当然ですけど・・・

 

それに気づいてからはライントレードを勉強して、根拠有るエントリー損切りが出来るようになり勝ち続けています。

ルール通り損切りする為のメンタルの持ち方ですが、わたしは今回書いたように色々苦い経験もしましたので損切りしない怖さを十分に理解しています。

 

なので逆に今は ストップを入れないと怖い いう考えに変わってます。


あとは癖ですね。

エントリーしたらストップを入れる癖を付ければ、ストップ入れるのが当たり前になります。

結局は考え方なんですよね。

 

「1000p以上勝っているという余裕が、勝ちを減らしたくない、貯金を減らしたくない気持ちできちんと損切が出来ておられるようにも見えたんですが・・・」

と有りましたが、

余裕は持っていませし、余裕があるからどうとかでは無く、それが勝ち続ける為のルールと確信してるので損切しているだけですよ。

仮にマイナスからのスタートの月でも、当然いつもと同じようにルールに基づいて損切しますよ。

実況見てる方はご存知とは思いますが毎回10p前後のストップを必ず入れています。

結果は損切してもトータルでは勝ち続けていますよね?

-30pで終了のルールも有りますし、マイナスの日も当然ありますが、日ベースでも損小利大出来ていますよね?

 

大きな負けをしない事・・・

つまり 損切りにあると思っています。

徹底したルールと根拠ある損切りとエントリーを身につければ、トータルで勝ち続けれると確信しています。

もしまだ損切り出来ていない方がいるとすればいち早く気づいて考え方を変えましょうね。

 

ただ今回の方は損切せずに勝ちましたが、罪悪感が有りますし間違った勝ち方という事に気づいているからまだ良いと思います。

後は損切を実行出来るように逆指値を入れれると良いです。

 

損切せずに結果勝って喜んでいる方は要注意ですよ!!

 

今回の記事の内容は 損小利大で勝つには シリーズを読んでいただくとさらに理解できると思います。

 

オリジナルレポートには今までの記事で公開していない手法や、わたしのルールやエントリーの根拠や損切りの根拠まで詳しく書いていますので、レポートを読んで頂くとさらに理解できると思いますよ。

初心者の方やこれからFXを始める方にも分かりやすく書いていますのでぜひご覧になってくださいね。

ゆみちゃんのオリジナルレポート

 


-5pipsで損切りできる理由 メンタル編” への4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    確かに、かもとか、タラ、レバというようなスタンスでトレードしていたら、なにも根拠のないなかで行なっているので、ギャンブルとかわりませんよね。しかしながら、ゆみさんの損切り含めルールの徹底はすごいの一言です。
    私はやっと損切りを出来るようになってきたかなという段階です。最近はゆみさんのやり方を参考に成行ではなく、逆指値を入れる事を心がけています。
    ただ、入りが甘いため、損切りになってしまう確率がまだ高いので、その辺のつめももう少ししなきゃなぁと思っています。
    今日のブログも勉強になります。
    ありがとうございます。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    私も以前は、そのうち戻ってくるだろうと思ってほったらかし、損切りができなくて痛い目に遭いました。でも、今は何があっても必ずストップを入れます。ただ、まだまだ損切り貧乏の恐怖におびえています。
    損切りを徹底できるようになったら、後はいかにしてリスクの少ないところでエントリーするか、損切りは早くして、利益がでたらじっと待てるかだと思います。たまに損切りを少し伸ばしてみたり、利益をチキンしたりして、損大利小でどうしようもなかったですが、克服できるよう意識して資金管理してます。リスクの少ないところでのエントリーはゆみちゃんのブログで勉強させてもらってだいぶポイントをつかめるようになりました。
    まだまだ未熟ですがこれからもよろしくお願いします。
    まだ、デモトレードなんだけど・・・。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    私も、これがわかるまで2年かかりました。
    損もだいぶ出しました。
    でも、これを経験しなくては成功できないと思います。
    この経験が、遅ければ遅いほど怖い気もします。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    いつもありがとう♪
    損切り。。。本当に大切ですよね。
    ゆみちゃんの言葉が身にしみます。。。。
    今後は徹底していこうと思います。
    思うだけじゃダメですね。
    徹底します!!(^^)

コメントは受け付けていません。