フィボナッチ数について

わたしが使ってる上昇幅に対する76.4%戻しだとか、38.2%だとか言う意味が分からない人も居ますので少し解説しますね。

この数値はフィナボッチ数といい、自然界の現象から導き出された法則に基づき考えられた数値です。

FXで主に意識される数値が23.6%、38.2%、50%、61.8%、76.4%です。

その中でも特に重要なのが38.2%、50%、61.8%です。

この数値は押し目や戻りで意識されやすいです。


例えば、ある期間の上昇幅に対する38.2%が押し目として意識されやすいとか、下落幅に対する61.8%戻しが意識されやすいとかいう感じです。

この数値を簡単に引けるのがテクニカル分析の「フィボナッチリトレイスメント」というツールです。

通常のチャートのテクニカル分析ツールには付いています。

このラインを、任意の直近高値・安値に合わると自動でラインを引いてくれます。

フィボは全ての時間足や期間で使う事ができます。

意識されやすいポイントを探して検証するのも良いですね。

 

引き方の例ですが、

下落幅に対する戻り売りポイントも見てみると、ぴったり38.2%が戻り売りポイントになっているのが分かりますよね。

画像はユロドル1Hです。

blog_import_513aed4165e74



 

 

 

このようにフィボナッチ数は相場において意識されやすのです。

後はどのポイントを基準にラインを引くかだけなので色々検証してみてくださいね。

 

わたしはこのフィボナッチ数をライントレードのポイントと合わせて確認しています。

ラインとフィボのポイントが重なれば根拠が増えるので、より意識されやすいポイントとして判断できますよね。

この記事も参考にしてくださいね。

フィボで転換ポイントの判断 

 


フィボナッチ数について” への3件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    勉強になります。
    自分はMACDだけを信じてトレードしてなかなかの損失を出しました(キリッ

  2. SECRET: 0
    PASS:
    フィボについての記事書いてくれてありがとうございます。
    私も今日はフィボもラインもみれていたはずなのになかなかエントリーできませんでした。
    あとは瞬発力というか決断力かなぁ~
    がんばります!

  3. ピンバック: FX用語集 | ゆみちゃんのFXぶろぐ

コメントは受け付けていません。